Japanese Speaking Parents Association of Children with Challenges

私達『手をつなぐ親の会』(JSPACC)は、ロスアンジェルスを拠点とし、障害を持つ子供達の、日本語を話す親たちが組織するサポートグループです。ロスアンジェルスの非営利福祉団体であるリトル東京サービスセンターの協力の下、1994年に再結成されました。 障害を取り巻くアメリカの法律やシステム、常識の違いを日本語で学びつつ、精神的にも支え合うことで、各親の自立をサポートしていくことを目的に活動しています。

Information

************************************************
●《10月の例会はお休みです 》●

************************************************
●《11月例会のお知らせ 》●
〈北部東部小部会担当〉

今回は障がいを持つ子供の親が必ず行き詰まる問題、セックス教育について学ぶ機会を持ちたいと思います。障がいの種類、程度にかかわらず必ず思春期は訪れます。親として いつ、どうやって子供に伝えれば良いのか、子供の奇妙な行動にど う対処していけば良いか、など、ノラ・バラデリアン博士を迎えて お話を伺います。興味深い話が聞けると思います。一人でも多くの参加をお待ちして います。

*日本語通訳もつきますので、日本語で学べるチャンスです!

日時:11月18日(土) 9:30-11:30
講師:Nora Baladerian, Ph.D. (ノラ・バラデリアン)
場所:立正佼成会
(Rissho Kosei-kai Buddhist Center of Los Angeles)
2707 East First Street, Los Angeles CA 90033, USA

講師紹介:ノラ・バラデリアン博士は臨床心理療法士で、結婚、子供、家族のカウンセリングをされています。またセックスセラピス ト、臨床催眠療法士の資格もお持ちで、専門はトラウマや虐待、 鬱、障がいを持つ子供や大人のカウンセリングです。更に、法医学にも精通していて障がい者が関わった民事や刑事訴訟で証言をされています。児童やお年寄り、障がい者の虐待、家庭内暴力、犯罪被害などにつ いて警察や、検事、判事、被害者のアドボケイト、ソーシャルワーカー、心理療法士、医療関係者など、 様々なところで講義をされています。

参加申込につきましては、 10月末より会のMLにてお知らせしますので、そちらをご覧ください。


**-MK部より**-
11月例会中のチャイルドケアルームではMiracle  Kids部アートワークショップ 「フリスビーを作ろう!」も行われます。
11月になってからMLで詳細、募集しますので乞うご期待下さい。