Japanese Speaking Parents Association of Children with Challenges

私達『手をつなぐ親の会』(JSPACC)は、ロスアンジェルスを拠点とし、障害を持つ子供達の、日本語を話す親たちが組織するサポートグループです。ロスアンジェルスの非営利福祉団体であるリトル東京サービスセンターの協力の下、1994年に再結成されました。 障害を取り巻くアメリカの法律やシステム、常識の違いを日本語で学びつつ、精神的にも支え合うことで、各親の自立をサポートしていくことを目的に活動しています。

Information

《3月例会のお知らせ》

〈役員会主催〉

3月27日(土)10:00am〜12:00pmに予定されている3月
Zoom例会は、DRC (Disability Rights California)による、
In-Home Supportive Services (IHSS) programのウェビナー
を予定しております。

日時: 3月27日(土)10:00am-12:00pm
(いつもの第3土曜日ではなく、第4土曜日ですので
お間違えなく)

内容は皆様から頂いたアンケートの結果により決定しました。
ご自身が受給している時間数について、皆さん、
満足していますか??
他にも追加できる内容や時間がある事に気がついていない、
又は知らない事が多々あると思います!
ぜひ専門家からアドバイスを受けましょう!!

How to Calculate IHSS Hours
-Understanding how hours are calculated
-Parent/non-parent provider rules (minor children)

今回は特別にそれだけではありません!!
まだサービスを受けていない方の為に、
Eligibility・Services (Includes protective supervision)・
Preparing for an assessmentについても簡単に説明して
くださる事になりました!
またhearingについて興味を持たれている方もいらっしゃい
ましたので、Due process and appealsについて、DRCへの
個人的なインテイクのご説明も頂けます。

IHSS全般について学べるチャンスです。
この機会を是非、最大限にご活用ください!!

スピーカー:
Maria Iriarte
Attorney
Disability Rights California

もちろん日本語通訳付き、
江森洋子さんが通訳をしてくださいます。

In-Home Supportive Services (IHSS) programは、
California Department of Social Servicesより提供される
福祉プログラムで、障害児者の為の家庭内支援サービス、
自身でできない日常の世話を頼む介護者に対する人件費の
負担を援助するもので、例えば、家事(洗濯、料理、掃除、
買い物)、準医療(注入、吸引)、 保護監視(事故に対する安全監視)、
身の回りの世話(入浴、着替え、下の世話、食事)、医者への送り
迎えなどに関して介護者を必要としている場合その人件費を負担
します。
介護者は郡と契約す るエージェンシーから派遣される場合と、
対象者本人の選んだ人材に支払われる場合とがあり、
親が子供の介護者として登録し受給している方も多いので、
是非情報を得る事をお勧めします。

会員の方はどなたでもご参加頂けます。
州外や日本の方も、お時間が許される方はご自由にご参加下さい。
会員限定ですので、カメラはオンでの参加をお願いいたします。

ご質問は野口まで。
1218maminoguchi@gmail.com
818-282-0317(テキスト可)

皆様のご参加をお待ちしております。

役員会一同